【ANANNA】エモい!ボディクリーム&ハンドクリームが新登場~香を楽しみながらキレイになる♪

アナンナ・スキンケアブランドスキンケア

とことん香にこだわった、エモーショナルなスキンケアブランド【ANANNA(アナンア)】の新商品発表会に行ってきました!

アナンナ・スキンケアブランド

カエタステクノロジーアナンナ

製造販売元は、看護師・美容師・調理師さん向けのスキンケアブランド「 Å P.P.」を展開している『カエタステクノロジー株式会社』さんです。

機能性と香り。どちらも最高!
そして、エモイ!!

1度使えば、ファンになること間違いなしの【ANANNA】をご紹介します♪

スポンサーリンク

【ANANNA】とは?!

ANANNA(アナンナ)」は、3月3日にデビューしたばかりの上質な香りにこだわったスキンケアの新ブランドです。
アナンナブランドイメージ

あなたが満たされていくEpisodeへの扉」をコンセプトに、⾁体的にも・精神的にも満たされた「女性としての本来の美しさ、瑞々しさ、輝き、揺るぎない自信」を追求しています。

その特長としては、 香水のようにトップノートからラストノートまで時間経過での香りの変化を愉しむことができ、かつ、独自処方でいつまでも持続可能なみずみずしい肌を目指せるという点でしょうか。

スキンケアとして、ボディクリームとハンドクリームの2商品があり、どちらもパフュームさながらの香の変化が楽しめる4つのナンバーが揃っています。
アナンナのnumber

そして、香の世界観を表現したというランジェリーが4種類。 こちらは、5月上旬にお目見えの予定だそうですよ。(限定販売)
アナンナのlingerie

さて、ワタシが撮った写真から、アナンナのエモさを感じていただくことができるでしょうか?
アナンナのエモさ

【ANANNA】のエッジの効いた香とは?!

「イイ女」から匂い立つようなオーラを表現したような香は、時に優美で華やかで。 官能的な妖艶さを含みながらも、知的であったり、キュートであったりと、素晴らしい香調なのです。

なんとANANNAの香は、調香師が1年もかけて処方をしているとのこと。 上質な香りを持つ花々や果実などの中から厳選した原料を使って、絶妙なバランスでブレンドされています。

通常フレグランスは「トップノート→ミドルノート→ラストノート」と考えて作るのが一般的だそうですが、アナンナの香は「ちょっぴりエッジに寄っている」という特徴があるらしいです。

「エッジに寄った香ってどんなの???」と首をかしげていたら、「例えばイノセントローズ(No.101)であれば、ふわっとバラの香が広がった後に、すっと突き抜けるような気持ちの良い酸味がくるんです。」と教えてくださいました。

エッジの効いた香

No.101は、朝露に濡れたダマスクローズの花畑に立っているような、みずみずしいフレッシュな薔薇の香が印象的です。 1リットル230万円もするというローズオイルを使用しているとのことで、すぐに嫌な臭いに変わってしまう「人工的な香」を使ってはいないそうです。

トップノートで「カモミールローマン・ピーチ・レモン」をアクセントとし、ミドルノートでローズやゼラニウムを感じ、ラストノートではムスクを感じる、女性が大好きな「ローズブーケ」の香調なのですけどね。

こだわっているのは、少しだけすっぱさが残るように処方していることなんですって。 

この「気持ち良い酸味」と表現された香を『他には絶対にありません! スッとつきぬけるような、そんな酸味なんです!』と、一生懸命説明してくださったので、『本当に大変だったんだろうなぁ。ものすごーく苦労をして、ようやく完成された香なんだろうなぁ。』と、開発や販売に関わったスタッフ様達の努力や熱意が伝わってきたような気になり、すごく親近感がわいてきました。

このイノセントローズの「心地よい酸味」はぜひ嗅いでみていただきたいです!  230万円/ℓのオイルと、唯一無二の抜けるような香に残るかすかな酸味は、一度嗅いでみる価値はあるかと思います♪

まあ、ANANNAは4種が4種とも、素晴らしく良い香なんですけどね。 どの香も『つけた後、ちょっとの余韻を愉しむことにこだわって』作られているそうですから、香の変化もご堪能ください。

ハンドクリームにせよ、ボディークリームにせよ、なんだか「女が上がったような気分になれる」クリームですよー☆

 

香だけでなく、機能性にもこだわっているということ。

ANANNAのカエタステクノロジー株式会社さんは、もともと「Å P.P.」というブランドでハンドクリームとボディクリームを展開されています。 看護師・美容師・調理師といった方々の職業病である「肌乾燥による手荒れ」の解決と予防ケアを目指して開発された、サイエンスの力で「プロテクト」する、高機能なスキンケアアイテムです。

Å P.P.

  

Å P.P.のÅ(オングストローム)には、次のような意味があるそうです。

  • 10のマイナス10乗mの単位「A」=薄膜保護の薄さ・軽さを表現す。
  • Å(ヒト)のためのもの=文字の形而的表現。全身への適用を表現
  • Å classであること=Sランク、AAA(トリプルA)と同様のグレード表現

そしてP.P.は、プロフェッショナル・プロテクションの略ですね。

「第3の皮膚」として肌をプロテクトし、肌環境の改善を促すという、「高保湿・「保護・肌環境のサポート」の3つの機能を備えた、無香料のクリームは、全国650の病院や店舗(ハンズやロフト等)で扱われていて、手荒れ・肌荒れに悩む人々から高い評価を得ている商品です。 (amazonでの口コミも、かなり高評価の印象でしたよ。)

ANANNAは、この無香料であるÅ P.P.シリーズに、こだわりの香を追求したブランドなのです。

ANANNAもÅ P.P.も、「のびを良くするために、ボディクリームの方が油分を少し多くしている」ため、よりしっとりとみずみずしい使い心地になっているそうですが、基本的な成分は同じであり、どちらも全身に使えるそうです。

※さらさら・軽めのマカデミアナッツオイルは、ハンドの方が少し多め

全身OKということは、もちろん顔にも使って良いということです。
肌の状態を健全に整えるだけではなく、乾燥によるくすみや乾燥による小じわを目立たなくする処方が採用されているというのですから、嬉しいですね。

◆こじわ・くすみは、乾燥による肌の印象のこと。効能評価試験済み。
効能評価試験済み

さらに言えば、皮膜がお肌の凸凹を平らにしてくれるので、お化粧のりも良くなって見えるそうですよ!

お仕事でクリームを使う必要がある・香が苦手等とおっしゃる方には、無香料のÅ P.P.がおすすめですが、香にはリラックスや癒し、テンションを上げるなどの効果があるので、その日の気分やシーンによって、ANANNAの香を使い分けるというのも素敵です。

ANANNNAフルセット

上質で高品質な商品ゆえに、若干お値段が高め設定なのが残念ではありますが、「お値段以上」という印象は十分にありました。

 

ANANNAは、容器やすぱちゅらもすごかった!

ANANNAボディクリームの150gタイプの容器は、金型を「工業製品の型屋さん」で型からおこして作ってもらったという、特注品だそうなのです!
アナンナの容器

ミニタイプの容器は、既製品(プラスチック製)であるそうなのですが、大サイズの方は「玉ガラス(ぎょくがらす)」というガラス製です。

玉ガラスは、伊勢神宮のお神酒の器やクレーム ドゥ・ラ・メールの容器などにも使われているとても強いガラスだそうですが、ガラスというのは仕上がった後に収縮する性質があるため、ミクロン単位で調節できる腕をもった「職人さん」でないと作れないのだと伺いました。

なぜガラスにこだわるかと言うと、ガラスの方が密閉性が高いので、香が変質しにくい・変形しない・経年劣化しにくいなどという利点があるからなんですって。

また、ボディクリームのスパチュラにもこだわっていらっしゃって、わかります? 容器の形に合わせて「最後までスムーズにしっかり取れる」という設計になっています。 長さも角度から割り出して、使いやすい寸法になっているそう。
アナンナのスパチュラ

さらにさらにこのスパチュラは、寝かせて置いていても、ヘラ先についたクリームがテーブルに付かないようにと、柄の中心が厚い仕様になっているんですよ。
スパチュラのしくみ

アナンナのスパチュラの良さ

わかりますか? これならヘラ面がテーブルや棚面に付かないので、汚しにくいですね。 
手の込んだスパチュラなので、別売り扱いになるそうなんですけど、「発売開始当初はおまけでお付けするかも?」ということなので、おまけだったら嬉しいですね。

大サイズのボディークリームはたっぷりの150g入りなので、1か月くらいは余裕でもつかもなので(人によって違うでしょうけど)、香が変わらないよう、ぜひスパチュラの使用をおすすめします。

クリームを塗った際には、香りを存分に楽しんで。
夜はしっとり・昼はさっぱりサラサラの感触と、使用していくうちに美しくなっていくその過程も、ご堪能ください。

ANANNA(アナンナ)の香と配合成分

最後になりますが、ANANNA(アナンナ)の香と配合成分についても書いておきますね。

No.521 Variant floral(ヴァリアントフローラル)

アナンナ521

グリーンアップル・オレンジなどのフルーティーな甘さに、バニラ。
ミルキーでセクシャル。

社交的で誰からも愛される魅惑的なかわいらしさに、ヒヤシンス・リリーなどの清楚でみずみずしいイノセンスをプラス。

純真、天真爛漫、無邪気といったイメージがぴったりの、大人のスイートフローラルな香り。

No.089 Virgin berry(ヴァージンベリー)

Virgin berry

すっきりとした酸味のベリーに、ジャスミン・リリーのみずみずしさをブレンド。
全体をアンバームスクやベチバーの深みで調和させたサワー系に、グレープフルーツの苦みをスパイスにして、凛々しくもアンニュイな大人の色香を演出している。

都会的で洗練された爽やかな香りと、妖し気な魅惑の香の妙が素敵。

No.101 Innocent rose(イノセントローズ)

Innocent rose

清楚かつラグジュアリーなダマスクローズに、カモミールローマン・ピーチ・レモンで調和させて、ゼラニウムでやさしく包み込んだフルーティーローズの香。

みずみずしいバラの香が、芯の強さと清廉さを演出しつつ、優雅で華やかな女性の魅力を表現している感じ。
本文「アナンナとは」でご紹介している【スッとつきぬけるような気持ち良い酸味】も、ご注目ください。

No.733 Sexy bouquet(セクシーブーケ)

No.733 Sexy bouquet

芳醇なムスクをベースに、フローラル・ローズ・ジャスミン等の華やかさと、サンダルウッドのエキゾチックな香をブレンド。
イメージ的には、アニメ「アラジン」のジャスミンみたいな感じ(笑)

セクシーな妖艶さをまといながらも、知的でクールな魅力も併せ持つ、魅惑の香。

 

配合成分

【配合成分】
シリコン系ポリマーによる撥水性保護膜を形成しバリア機能を高めます。 さらに、異性化糖の働きで肌にずっと潤いを与え、ホホバ種子油などの天然成分を効果的に配合。

〈シリコン系ポリマー※1〉
なめらかな肌の質感へ。シリコン皮膜を形成して肌を守り、なめらかな質感をキープします。

-保湿成分-

〈異性化糖(ペンタバイティン)※2〉
水分を保持する。肌の潤いを保つ天然保湿因子(NMF)に似た働きがある植物由来成分。長時間潤い効果が持続されます。

〈ガゴメ抽出物〉
乾燥のケアに効果。肌が本来持っている潤いをサポートするとされるF-フコイダンを豊富に含む海藻ガゴメからの抽出物。

〈マカダミア種子油〉
肌への浸透性※3が高く、刺激性が低い、肌に優しい天然オイル。

〈イソマルト〉
整肌作用を持ち、外的刺激による肌荒れやカサつきを防ぐ多糖。

〈ヒアルロン酸Na〉
加齢により減少しやすく、高い保湿効果を持つ肌が本来持っている潤い成分。

〈ハチミツ〉
古くから天然の抗菌成分※4として使われ、整肌作用のある自然糖。

〈ホホバ種子油〉
紫外線や外的刺激から肌を守り、柔軟性の高い肌に整える天然オイル。

※1 シクロペンタシロキサンやジメチコン、PEG-10ジメチコンのこと。
※2 PENTAVITIN®(ペンタバイティン)は、DSM IP Assets B.V.の登録商標。
※3 角質層までの浸透性。
※4 製品の抗菌。

ANANNAの買えるところ。

アナンナのハンドクリーム、ボディクリームは、 3月7日の銀座ロフトを皮切りに、順次展開予定だそうです。

店舗販売の今後の販売予定はよくわかりませんが、ANANNA(アナンナ)公式サイトなら、すでにハンドクリームもボディクリームも買えるようですので、欲しい方はぜひどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました