「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」の
セラミドケアとナノカプセル浸透技術とは?!

キョーリン製薬グループ・ドクタープログラム株式会社の
「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」を、レビュー用に購入させていただきました。

「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」
 

その1では、ドクタープログラムという会社さんについてや、
美容成分95%配合・・・という点についてご紹介させていただきましたが。

本記事では「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」の
潤いを保つための成分「セラミド」や、「2種のナノカプセル」について
書かせていただきたいと思います♪

セラミドケア・ナノカプセル

 

★本記事はこちらの記事の続編です。ぜひ通しで読んでやってくださいねー
 ⇒キョーリン製薬・ドクタープログラム『トリニティーライン・ジェルクリーム プレミアム』の魅力♪
 

 

 

セラミドケア

まずは、保湿成分セラミドについてですけど。

従来商品に比べて、セラミド成分を55倍という高濃度配合にしたというだけあって、
同梱のリーフレットを拝見しても、「セラミド」ケアをすごく訴追されている感じがします。
トリニティ セラミド
 

そもそもセラミドとは・・・

 

  • 肌にもともとある細胞間脂質の主成分
  • 角質層の中で、肌のバリア機能を支える働きをもつ成分
  • 加齢で減少、紫外線・乾燥の影響、洗顔で減少するもの

 
セラミドがバリア機能を支える(要になる)というのは・・・

  • バリア機能の整った肌
     =細胞間脂質(セラミド)が整列して、間に水分を挟み込んでいる

・・・ということから表現されているみたいです。

肌にもともとあるうるおい成分「セラミド」は、年齢とともに減少してしまっています。
肌の「セラミド」はうるおいを保つために欠かせない成分。だからセラミド(保湿成分)
たっぷりと与えることで肌の土台(角質層) を整えて、うるおいを逃さず蓄え、
すこやかな肌へ導くケアが重要です。
※トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム資料より

・・・ということなので。

潤いのある健やかな肌のためには、しっかりと保湿成分セラミドを与えて、
肌細胞間をセラミドと水分で満たしてあげることが大事!…ということデスネ~

ナノカプセル浸透技術

トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム資料としていただいた文章の中には、
こんな風に↓書かれていました。

肌にもともとあるバリア機能は、肌を刺激から守る一方で、成分の浸透をさまたげる
側面もあります。そこで、肌になじみやすい成分に着目し、たっぷりの美容成分を
角質層の深部まで届ける
こだわりの浸透技術を開発。
2つのナノカプセルが角質層のすみずみまでじっくりと働きかけます。

わからなくはないですけど、ちょっとイメージしにくいなーと思っていましたら、
ドクタープログラムさんの公式HP「私たちを選んでくれたあなたへ」の中に、
とてもわかりやすい説明がされておりました。

肌細胞のひとつひとつは細胞膜で包まれ、とうもろこしの実のように並んでいて、
隙間には細胞間脂質という成分で満たされている。

トリニティラインのナノカプセルは、この細胞間脂質とよく似た大豆レシチンで作られていて、
肌の細胞間にすべり込める大きさになっている。

とうもろこしと肌細胞

 

 

だから、トリニティラインのナノカプセルは、細胞間脂質にすぐになじんで、
スイスイ浸透するのだそうです。

しかも、角質層へ浸透して肌細胞間を満たしたナノカプセルは、
次第に溶けて、内包していた成分がしみだしてくる・・・というから、すごいですねー!!

ナノカプセルのイメージは、玉ねぎですよ。
玉ねぎ ナノカプセル
 

幾重にも層になったナノカプセルが、角質層の深部で1枚1枚めくれていく。
そうして、カプセルの素材と内包成分が、ゆっくり・交互にとけ、
必要な時間だけ成分を放出し続ける。

なんとも、素晴らしい仕組みですねーーー!!
この玉ねぎのようなカプセルが「多重層ナノカプセル」なんですね。

必要な場所へ、必要な成分を

トリニティラインのナノカプセルは、肌の細胞間に入り込める・・・という
だけではないのだそうで。
ちゃんと、その成分を最も届けたい場所で溶ける・・・というから、びっくりですね。

ヒアルロン酸なら、肌の表面。
クアトロリフトなら、肌の角層深部へ。

保湿したいところ。
ハリを与えたいところ。

ちゃんと、必要な場所へ、必要な役割を担う成分を運んだ上で、じっくりとける。

「研究者がこだわりのさじ加減を極めた」というところに、
製薬会社だからこそできた「技術」だと感じました。
必要な場所へ
 

低刺激で・新鮮な成分を

さらにナノカプセルは、濃い濃度の成分を配合できるという点においても
一役買ってくれているみたいです。

必要な場所でカプセルがとけることから、肌表面への刺激やトラブルの心配が
少なくなったということ。
直接成分を塗るよりも、効果的に働いてくれるのだそうです。

また、カプセルに美容成分を入れて届けることで、日持ちの気になる成分や
不安定な成分を守ることができる。
新鮮な成分を、防腐剤だけに頼らずに肌へ届けることができるということ。

新鮮な成分
 

なんて、魅力的なナノカプセルなのだろう!!と思いました。

2種のナノカプセルとは・・・?!

そういえば、「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」には、
2種のナノカプセルが使われている・・・と冒頭で書かせていただきましたが。

玉ねぎイメージの「多重層ナノカプセル」がまず1種。
もう1種は「LHPナノカプセル」と言って、セラミドやレシチンといった
取り込むのが大変な成分を、上手に浸透させるためのカプセル・・・というように伺いました。

「セラミド」は細胞と細胞の間に存在する、肌のバリア機能や体内からの水分蒸発を防ぐ脂質です。
「レシチン」は、人体の細胞の膜をつくっている主な成分です。

2つのカプセルの配合割合など、詳しいことはわかりませんが、
このカプセルの働きがあるからこそ、角質層の中でバリア機能を支え、
潤いを保つ働きをしてくれる「セラミド」のケアができるのだと思います。

うるおい・保湿を謳ったコスメは、山のようにありますが。
ここまで「セラミドケア」にこだわったスキンケアは珍しいかも?

初めて使った1000名のうち、970人が満足と言ったなんてビックリです。
97%満足
*2013/05-2014/04 20代~70代女性1000名・初めて継続利用した方へのアンケート結果

高濃度の美容成分配合コスメだからこその、肌へのやさしさへも、
徹底的にこだわっているそうなので。。。

無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベン
アレルギーテスト済み* 、パッチテスト済み*
乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み*
乾燥性敏感肌の方の協力による連用テスト済み*
(*すべての方にアレルギーや皮ふ刺激が起こらないというわけではありません)

※トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム資料より

 
セラミドケアに興味のある方は、一度お試しになってみてくださいませ。

「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」は、初回限定ということで、
今なら半額でお試しいただけるキャンペーン中です♪

トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム公式サイトはこちらから

ジェルクリーム プレミアム



 

続いては、実際に使ってみた感想をちょこっと♪

  ⇒セラミドケアで感じる潤い感♪「トリニティライン・ジェルクリーム プレミアム」レビューその3

 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/