大人のニキビ③ ~ニキビ肌 メイク法~

ジュエルレイン ニキビタイプ

本記事は、下記TV番組の内容を参考として書かせていただいきました。
放映済みの番組内容は書籍でどうぞ。
 きれいの魔法 2012年 04月号 [雑誌]

 2012.04.28 NHK「きれいの魔法」 大人のニキビケア
    吉木伸子先生 ご出演 (治療に東洋医学を取り入れ、美容医療にも注力されている皮膚科のお医者さま

大人のニキビケアについて③ ~ニキビ肌 メイク法~

ニキビ肌のメイク法

ニキビを悪化させないために、下地やリキッド、クリームタイプのファンデーションは、
避けた方が無難だそうです。
ニキビは皮脂などの油分を好むため、過剰な油分はニキビを悪化させてしまいます。

まずはメイクの前に、しっかりと洗顔をして、ビタミンC誘導体配合の化粧水をつけます。
お肌に乾燥がある場合は、セラミド配合の美容液で保湿してあげてください。

化粧水、または美容液をつけたら、肌にしっかりとなじむまで、しばらくおきます。
なじんだことを確認したら、パウダーファンデーションを重ねてください。

保湿効果の高い美容液をしっかりなじませることで、パウダーの密着度がアップします。
ニキビ肌には、パウダータイプを使うことが、メイクの大きなポイントだそうです!!

ニキビができている時は、メイクしない方が良い?

全くノーメイクの状態では、日焼けしやすくなり、ニキビの赤味から色素沈着する恐れもあるそうです。 パウダーファンデーションは、UVカットにもなるので、つけた方が良いのです。

ニキビの赤味をメイクでカバーするには?

ニキビの赤味をカバーしたい時には、コンシーラーを乗せて、その上から全体をパウダーでカバーするのがオススメです。

ニキビが膿んで腫れているところに何かをつかるのは、抵抗があるかもしれませんが、そういうトコロは、毛穴がほとんどふさがっていますので、コンシーラーを塗っても、悪化することは、基本的にはないのだそうです。

カバーしたいところに、そ~っとコンシーラーをつけて、パウダーをのせることで、ニキビを悪化させずにカバーすることができるそうです。

ニキビの予防にピーリング

ニキビを作らない・増やさないためのケアとして、ピーリングするのが良いそうです。

洗い流すタイプが、肌にやさしくてオススメ。
塗って、つよくこすったりするものよりも、塗ってから少しおいて、洗い流すものが良い。

肌表面の角質を少し取ることによって、にきびの始まりである角質肥厚(かくしつひこう)を防ぎます。

表面の角質が厚くなって、皮脂が外へ出られなくなるから、毛穴が詰まってニキビになるのです。
ピーリングでのケアは、ニキビを自覚するよりも、ずっと前段階のケアということになりますが、肌全体を定期的に ピーリングすることは、とても良いニキビ予防になります。

頻度は、週1~2回が目安です。
肌の弱い方は、ピーリングを塗ってからおく時間を短めでスタートしてみてください。

自分の生活の中で、自分にできることを、地道に続けていくことが、ニキビを無くすことへつながります。!!

皮膚科のニキビケアとして誕生した集中ケア用ピーリングキット
タイトルとURLをコピーしました