朝洗顔で肌トーンアップ♪アンチ泡派でもファンになった~クレイと米粉の天然由来100%洗顔料

クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-

純国産・京都生まれの自然派コスメ!「京のすっぴんさん」シリーズから、
『クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-』をご紹介します!!

現在は使いやすいチューブタイプにリニューアルされています。

クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-(旧タイプ)

※以下は、リニューアル前の旧商品のご紹介記事です。

【クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-】は、植物生まれの石鹸成分に、2種類のクレイと米粉を配合したというW洗顔いらずの洗顔料です。

クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-リーフレット

「瞬泡」とネーミングされているだけあって、泡立ちの良さはすごいです!!
泡の質も、もっちりとしていて・キメ細かくて、気持ちの良い泡だと思いました。

本来ワタシは、「泡で洗う系」の洗顔料があまり好きではないのです。  「泡立てネットを使うタイプの洗顔料というのは、皮脂を落とし過ぎる・刺激が強いものばかり」と以前教えられたことがあるので、そういった先入観を持っているからなんですね。

しかしながら、その反面で火山灰とかクチャ(海泥)とか米粉なんて素材は、大好きだったりする訳で。。。

「この洗顔フォームは、泡立てて使わないとダメなのかしら? 洗浄力はどうなのかしら?」と、少し複雑な思いで使い始めてみた商品でした。

蓋を開けた瞬間「わー!ビックリ!!」

京のすっぴんさん【クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-】を、初めて使ってみた時の様子です。

使い方については、とても丁寧にリーフレットをいただいたので、まずはそのとおりにやってみようと思いました。

【クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-】使い方

で・・・「さあ、顔を洗ってみよう!」と蓋を開けてびっくりしました!

キャーーー!! なに? この白いブツブツーーーー?!

蓋を開けてびっくり

一瞬、カビが生えたのかと思って、超びっくりしちゃったんですけどーーー!!
これが噂の米粉ですかね???  

真夏のキッチンにカレーの鍋を放置して、こんな状態になった経験があるワタシは、思わずガン見してしまいましたよ(笑)

恐る恐る指を入れてすくってみると・・・
京のすっぴんさん 洗顔

あぁ・・・よかった。 中も全部、ツブツブになっているんですね~ 
表面だけだったら怪しいですが、酒粕みたいな感じだったので、かき混ぜてみて安心しました。

※7/25加筆
京のすっぴんさんに確認しましたところ「石鹸成分が凝集したものです。正常なものなのでご安心ください。」というお返事をいただきました。カビではないそうです♪

クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-の素材について

「京のすっぴんさん」には、2種のクレイ(沖縄産クチャ・海シルトと日本産クレイ・ベントナイト)と、三重県産米粉・コメデンプンが配合されているそうです。

ベースは、ステアリン酸・ミリスチン酸・ラウリン酸といったヤシ・アブラヤシ由来の石鹸成分みたいです。
クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡― 容器

しつこいようですが、ワタシは灰とかドロとか大好きなので、この質感はいいですねー!
最初ギョッとしたものの、この「なんか混ざってます的なツブツブした見た目」もスゴク好きです。

質感

「なんだか、泡立てなくても良さそうじゃんねー?」と思いつつも、泡立てネットを取り出してみました。

ネットまで純国産にこだわっていました!

こちらは、クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡―専用の泡立てネットです。
泡立てネット

すごいでしょ? ネットまで「純国産」というこだわりよう♪
大きめサイズで、しなやかで。 裾が輪になって折り返してあるので、泡立てやすいのです。

先っちょの白いリングも、伸縮性のある柔らかい素材なので、扱いやすいし! すごく良くできたネットだと思いました。

最初に泡立てネットと手・顔を濡らして、第一関節くらいまで洗顔フォームを取って。。。

泡立てネットを濡らして

軽くモミモミ・・・とすると、すぐにモコモコのキメ細やかな泡がたくさんたちました。

泡

おお~♪ こんな泡で顔を洗うのは、久しぶりだなーーー!! と、ちょっとるんるん気分でしたよ♪

泡で洗う理由は、こすらないため。 50~60秒の洗顔です!

泡を顔にのせて、撫でるように・泡を転がすように・・・たった1分弱の洗顔で良いそうです。

泡洗顔

モコモコ泡が気持ちが良いので、長めにウリウリとしたくなっちゃいますが、たっぷりの泡で洗うのは「肌負担を軽くする」ためなので、圧をかけたり・マッサージしたり・長時間かけることはNGだと思います。

ワタシは初回、撮影をしていたこともあって、少し長めの時間をかけて洗顔をしてしまったので、洗い流した後に「肌のつっぱり」を感じました。 あ、皮脂、取り過ぎちゃったかなー?みたいな感じですね。

なので、2回め以降は少し洗顔フォームの量を減らして、本当に短時間で行うようにしてみたらイイ感じです!  とてもすっきりさっぱりとして、肌のトーンが上がります。

一応W洗顔で良いとされている商品ですが、メイクをしっかり落とそうと思うと、つい長く・こすってしまいますので。  予めミセラーウォーター(ラロポのクレンジングウォーター)で落としておいてから使うと安心です。

夜は「クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡―」⇒「京都のミルクせっけん」のケアがおすすめです。

京のすっぴんさん「京都のミルクせっけん(乳清と塩の洗顔せっけん)」 は、つるっつるの洗い心地でモチモチの洗い上がりが素晴らしい、お気に入りのせっけんです。

朝洗顔なら、「クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡―」だけでも大丈夫です。

メイクは、「ナチュラル素肌色クリームBB」⇒「絹肌べっぴんフェイスパウダー」でナチュラルメイクの完成ですよ♪

京のすっぴんさんコスメ
※上の画像は、リニューアル前の商品を含みます。 現商品は公式サイトでご覧ください。

試しに泡立てないで使ってみました!

「クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡―」は、『洗い方によっておこる肌刺激によるトラブル』を回避するために、米粉を配合して「弾力のある泡」を作ることにこだわった商品だそうなので、泡立てないで使うなんて勿体無い・・・と思いますけど。

瞬泡クレンジング

どうしても「泡だてないで使ってみたい」という好奇心にかられまして、ネットを使わず軽く手のひらで溶かした状態で使ってみたところ、泡で洗うことの意味が逆に良く理解できました。

泡立てないと、クレイがピタッ。。。と肌に張り付いてしまうので、洗い流すのにとても時間がかかるのです。 洗顔料を落とすために肌をこすらないといけないですし、逆に「洗いすぎる」「摩擦をかける」という結果になったと感じました。

  • 泡で洗った方が、肌負担が少い。
  • すすぎに時間がかからない。

洗顔フォーム自体が、良い素材できちんと処方されたものならば、泡洗顔も「悪ではない」のだということが理解できました♪

そういえば先日、ボディを洗う場合にも「スポンジやブラシ・タオルでなく、素手が1番! 肌負担が少く、皮脂のバリアを壊さないから」と言っているのを、どこぞのTV番組で観たのですけど。

「クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム―瞬泡―」の残った泡でボディを洗ってしまう・・・というのもアリだな~♪と思いました。 ちょっと勿体無い気がしないでもないですが、なにせ、ちょっと揉むだけで大量の泡ができちゃいますから、入浴時に洗顔をする方なら一石二鳥・・・ ワタシも、早速やってみます~ 

すっぴんさんシリーズの洗顔と言えば、ミルク石鹸もかなり良いです! ワタシはBODYにも、こちらを愛用しています。


水を一滴も使わずに美山牛乳から作った濃厚な「京都のミルクせっけん」:amazon

コメント

  1. […] 京のすっぴんさん【クレイと米粉のGossoriクレンジング洗顔フォーム -瞬泡-】で洗顔すると、クレイや米粉に余分な皮脂が吸着して、すごくさっぱりと洗い上がった感じがします。 […]

  2. […] 朝洗顔で肌トーンアップ♪アンチ泡派でもファンになった~クレイと米粉の天然由来100%洗顔料 […]

タイトルとURLをコピーしました