【セルフエステ】引き締めたい部位に使うボディークリーム~ラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』~

ラグノワール

引き締めにこだわった、気になる部分全身に使えるボディークリーム 

引き締め&保湿用のボディクリームラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』をご紹介いたします♪

二の腕クリーム
ラグノワール クレーム・ドゥ・ブラス 

「二の腕用の美容クリーム」として特化したボディクリームとなっていますが、二の腕だけにしか使えないという訳ではありません。全身使える美容クリームです。

*ブロガーズイベント「お洒落ママ会pure」でお土産に頂戴しました。

グノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』

クレーム・ドゥ・ブラスは、「引き締め」に重きをおいて成分を配合されているというクリームなので、フェイス用ではなくてボディ用です。

ラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』

まあ、特に顔に使ってはいけないという表示は無いようですし、「顔もボディも引き締めたい!!」方は、顔を含めた全身にお使いいただいても、問題ないんじゃないかなー?とは思いますケド。

オススメはあくまでボディ。 
 

水溶性コラーゲンやヒアルロン酸で保湿をして、ヒバマタエキスでめぐりを促す!!
ヒバマタエキス

 

この「ヒバマタ」というのは、海藻の一種なのだそうです。

ミネラル分やヨウ素、亜鉛や食物繊維を豊富に含んでいて、日本ではあまり馴染みのない海藻ですが、ヨーロッパでは結構メジャーなものだそうで。

単にヒバマタといっても、いろいろな種類があるそうですが、ヨーロッパでは食用として、古くから使用されているものなのですって~ 代謝を促すだけでなく、胃腸の働きを整えたりする効果もあると言われているそうです。

ラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』効果的な使い方

引き締めにこだわった成分がたっぷり配合されたラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』は、
単に気になる部分に塗るだけでなく、セルフマッサージをすることでより効果的に使えるそうです。

丁寧なマッサージは、有効成分をより細胞内へ取り込みやすくして、さらに循環させるお手伝いをするということ。

配合成分の1つ『テトラヒドロペピリン』は、黒コショウの果実 から抽出された成分で、浸透力を高めるものなのだそうです。 最も革命的な科学的発明に対して贈られる「トーマス・エジソン賞」を受賞している成分というからすごいですね~

ちなみに、ラグノワール『クレーム・ドゥ・ブラス』の特に魅力的な5つの配合成分は、
こんな感じ↓です。

  • 肌のハリ→パルミトイルオリゴペプチド
  • 老廃物がスムースに流れる→ヒバマタエキス
  • 女性ならではの美しさの為に→ザクロ果実エキス
  • シミ、ソバカスを防ぐ→イチョウ葉エキス
  • 肌をすこやかに保つ→ワラヨモギエキス

保湿と引き締めを狙った美容クリームですが、保湿においては、細胞の水の出入りに重要な役割をもつ「アクアポリン」の強化をするような成分配合になっているとのこと。

女性ホルモンに良いとされる「ザクロ果実エキス」については、人における作用について、正確なデータが見受けられないということで、飲んで女性ホルモンが増えるとは言いがたいとの見解が、国民生活センターから発表されたということですが。(2012.4月)

ザクロ


ラグノワール クレーム・ドゥ・ブラスのサイトには、『ザクロ果実エキスには、肌に浸透した
水分や成分を肌内部に閉じ込め、ぐるぐると循環させる働きがある』
と書かれていますので。
「うるおい」という点においては、なんだかとても良さそうな感じですね~

下の写真↓は、入浴後に「引き締め効果」を確認しつつ、『クレーム・ドゥ・ブラス』を塗ってみた際のものですが。
乾燥でカサカサ

 
ワタシの脚(特にスネ)は、乾燥がひどく、カサカサと粉を吹いちゃっていますので~
引き締め効果と保湿効果がWで狙えるというのは、かなり魅力的です!

二の腕に塗った際の、スーーーと腕が軽くなる感じもすごく良いので、使い甲斐のあるクリームだなーと思いました♪
ラグノワール 二の腕クリーム

 

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスをバスタイムに使ってみました。

ワタシはどちらかというと、二の腕よりも脚のむくみが気になっていますので、バスタイムに、足首~太ももまでを、ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスでセルフマッサージしてみることにしました。

マッサージは、半身浴でじっくり体を温めて体を洗ってから、軽く体の水気をとって、バスルームで行いました。

引き締めマッサージのやり方は、いただいたリーフレットを参考にして。

luxnoir-body-cream

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスは、みずみずしくてノビの良いジェルタイプのクリームですので、指先に少量取って、のばしながら下から上へ。 骨のキワに若干の圧をかけて、リンパを押し流すようにするとスッキリします。


luxnoir-body-cream2

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスには、保湿効果もありますので、マッサージ後は洗い流さず、そのままで♪

せっかくなので、脚だけでなく、腕やお腹にも使ってみました。

体が冷えてしまわないように、短時間でちゃちゃ・・・とマッサージした感じなので、その場での引き締め効果は、ほとんど感じられませんでしたけど。

パジャマを着てから、ひざ下あたりをもう1回マッサージしてみたら。 「エステサロン」で体験するような、水分や老廃物を押し流したことによるスッキリ感がありました。

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスを就寝前に使う場合。

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスを、就寝前に使う場合、二の腕だけとか、ヒップだけとか・・・狭い部位なら良いのですけど。 足首~太もも・足の付根まで、結構な広い範囲で使うことはオススメしません。

うるおい肌のお若い方なら大丈夫かもしれないですけど。 肌の乾燥が気になっているような方は、かなりの量を必要としてしまうので、クリームがすぐに無くなってしまうからです。

たっぷり塗ったはずの「ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラス」が、すぐに肌に吸収されてしまって、滑りが悪くなってしまうので、どうしても就寝前の乾いた体に使うのであれば、精製水かローションを併用すると良いですね。(以前務めていたサロンでは、そうしていました)

この日ワタシは、ローション併用しなかったので、クリームが勿体無い気がしちゃって、あまり丁寧にマッサージしなかったので、先日のようなスッキリ感は無かったです。 服を着ていたこともあり、ズボンをめくれる当たりまでしかしませんでしたし。

脚のむくみ取りをするのであれば、やはり脚の付け根のリンパ口まで、しっかり流さないとダメだなーと思いました。

まあ、カサカサと粉を吹いていたスネの肌は、しっとりと良い具合に落ち着いたので、保湿目的であれば、就寝前は効果的だと思います♪

ちなみに、腕やお腹・お尻まわりのマッサージ方法は↓こんな感じですよ。 首からデコルテ、バスト周りにも良いマッサージクリームです。

首からデコルテ、バスト周りにも良いマッサージクリームです。

製造販売元・株式会社シリスジャパンと海藻エキス

ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスの商品表示に、製造販売元「株式会社シリスジャパン」と書かれていたので、どんな会社さんなのかなー?と調べてみました。

luxnoir-body-cream4

株式会社シリスジャパンは、大阪難波で化粧品・健康食品の会社を経営する会社さんだそうです。

もともと、創業者である岡田社長が海藻エキスにほれ込み、可能性を感じたので起業したという
海藻エキスを使ったドリンク剤など健康食品からスタートした会社なのだそうです。

今では化粧品の割合の方が多くなっているそうですが、海藻エキスに無限の可能性を感じていらっしゃるという点に、なるほど~と納得できた気がしました。

だって、「ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラス」に引き締め成分として配合されているヒバマタエキスも、海藻から採ったものですもんね。

「私は自分が好きなもの、良いと思った安全な原料を提案しています。」と、社長さんがインタビューでおっしゃっておられましたし、イメージ的にも、使用感も、とても良い美容クリームだと思いました。

・・・ということで。
腕のたるみはもちろんのこと、脚やボディに使うマッサージ&引き締めクリームとして。 また、保湿クリームとしても。

全身に使える美容クリームをお探しでしたら、ラグノワール・クレーム・ドゥ・ブラスを、ぜひ使ってみてください♪

■全身使える美容クリーム。通販限定の【引き締めボディークリーム】です♪

 
ラグノワール クレーム・ドゥ・ブラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました