先日、友人に誘ってもらって、麻布十番にある
作り石鹸アンティアンさんの本店ショップにお邪魔してまいりました~!!


アンティアン 麻布十番
 

麻布十番駅から徒歩五分。
「大黒坂」と記された木柱の目の前です。

とてもさりげな~い感じの入り口ですので、うっかり通りすぎてしまいそうになりましたが。
店舗の前には、ハーブの良い香がふわぁ~と漂っておりまして。
店舗入口
 

「あぁ~なんか、いい匂いがするぅ!」・・・と思ったら、
「あ!あった!ここだ!!」という感じでした(笑)

しっとりつるつる潤う洗顔無添加手作り石鹸アンティアンお試しセット

 

ショップの奥には、ガラス張りのラボ! 薬局・調剤店みたい♪

「こんにちは~」と中に入って驚いたのは、商品陳列棚の奥に見える
ガラス張りのラボです。

ラボ
 

作業をなさっているスタッフさん達が白衣を着ていらっしゃることもあってか、
なんだか薬局?調剤店?・・・みたいな感じ。

棚にズラリと並んだ石鹸達は、地下にあるラボで手作りされたもので、乾燥・熟成した後に
個々の大きさに切り分けられて、さらに熟成⇒ラッピングされて商品となるのだそうです。

石鹸
 

ご覧ください~↑ なんという、素敵な光景なんでしょう♪
これ全部石鹸ですよ♪ 

見ているだけでも、なんだか心地よい眺めです。
店内に漂う香も、とても良いニオイなので癒されますね。

あれこれと石鹸を手にとって、いつまでも、長居していたくなるような。。。
そんな空間の店舗さんでございました~♪

 

最初に心奪われたのは「石鹸シャンプー&ビネガーリンス」でした!

ラボの手前の棚が、シャンプーやリンスといったヘアケア商品のエリアだったから・・・
というものあるんですが。

壁に貼られていたPOPの「小学生の時のような髪」というのに↓目を奪われたワタシ。
シャンプー
 

石鹸シャンプー・・・何度か使ったことがありますケド。
泡立たないし、髪がギシギシになっちゃうし・・・苦手なんですよねぇ。
石鹸シャンプーで髪が美しく・・・って、ホントかしら?!

でも、アンティアンさんで人気NO.1という「黒みつ」シャンプーバーの成分を見ていたら、
過去の失敗なんて吹き飛んで、もう、使ってみたくてたまらなくなってきました。
黒蜜
 

さらに「黒みつ」の用途別5段階評価を見てみると・・・

洗顔:★ ★ ★ ★ ☆  身体: ★ ★ ★ ★ ☆
 頭皮:★ ★ ★ ★ ★  髪:  ★ ★ ★ ★ ★

 

髪や頭皮だけでなく、bodyや洗顔でも使える石鹸みたいだし。。。
シャンプーとして上手く使えなかったとしても、無駄になることがない!!って、いいかも♪

そう思いつつ、アンティアンのスタッフさんに「本当に石鹸で髪がしっとりするんですか?
ワタシ、ギシギシになる印象しかないんですけど~」
と言ってみると。

石鹸だけでなく、お酢リンスを使うと良いそうなのです。
え?お酢ですか???・・・と、不思議に思いますけどね。

石鹸で開いたキューティクルが、お酢のチカラでキュッ!としまるので、
スルスル~とした手触りになるそうなのです。

お酢は市販の穀物酢に、ドライラベンダーやドライローズマリーなどを漬け込んで
オリジナルのお酢リンスを作ってみても良いそうですが。
もちろんアンティアンさんには、 ハーブ入りクエン酸ビネガーリンスがあります。

シャンプーお試し
 

お酢はキューティクルを閉じされる為だけでなく、石鹸カスを落としたり、
地肌に殺菌作用をもたらす効果もあるのだそうです。

どうしても髪の広がりが気になる場合は、保湿用椿油の「福寿」が良いそう。
髪にも肌にも使えるというスグレモノです♪

そして、それらをお試しできるという「トライアルセット」が、なんと!!
1500円(税抜)であるというのですから、びっくりです~

お試しセット
 
アンティアン無添加石鹸シャンプー(黒みつ・ローズマリー)とラベンダービネガーリンスのお試しセット
 
思わず、買ってしまいましたよーーー!!

その他、アンティアンさんには無添加石鹸のお試しセットもございましたので、
もちろんそちらも購入させていただいたのですが。

一番使ってみたくて仕方なかったのは、黒みつ石鹸とビネガーリンスです。
帰宅したその日の夜に、早速使ってみちゃいました!!

 

【アンティアン】黒みつ石鹸シャンプーとローズマリービネガーリンス、椿オイルを使ってみました

【アンティアン無添加石鹸シャンプー2種・ビネガーリンス2種・椿油お試しセット】から、
黒みつ石鹸とローズマリー・ビネガーリンス、椿オイルを使ってみました。

アンティアン シャンプー&リンス
 

■お試しセットの内容はこんな感じです。

アンティアン無添加石鹸シャンプー2種・ビネガーリンス2種・椿油お試しセット
アンティアン無添加石鹸シャンプー(黒みつ・ローズマリー)とラベンダービネガーリンスのお試しセット
 

黒みつ・ローズマリーの石鹸シャンプー(各40g以上)に。
石鹸シャンプー
 

ラベンダーとローズマリーのビネガーリンス(100ml)と。。
ビネガーリンス
 

ヘアコンディショナー椿オイル・福寿(10ml)です。
福寿
 

 

石鹸シャンプーとビネガーリンスの使い方は、同梱のチラシにも詳しく書かれていますけど。
チラシ
 

細かい字は、ついついナナメ読みしちゃってダメですね。
アンティアンさんのサイトに、わかりやすい動画ありましたので共有させていただきます。

■まずはこちらの動画をよく見て、正しい使い方で使ってみてくださいね~

 

チラシを斜め読みして使っていたワタシは、今になって
「髪のきしみや石鹸カスのベタつきは、これまでに使用していた化学合成品によるものです。
 化学合成品が落ちきった後は、今までがウソのようなスムーズなシャンプーと
 光り輝く艶が・・・」
と書かれていることに気づいて、愕然としてしまいました。

実際に石鹸シャンプーとビネガーリンスを使ってみて。。。
「地肌そのものはすっきりさっぱりと、大変良い使い心地であったにもかかわらず、
髪自体はなんだか重くて、指通りが悪い! うーん、困ったな。ブラシに絡む~」

。。。という感じだったのです。

そこでワタシがとった行動というのが、最悪でしたね。
YOGA教室のシャワールームで使った『リンスインシャンプー』が楽だったので、
以来、簡単に洗髪を済ませたい時や、髪を編みこみにしたい時(指通りよくしたい時)など、
化学成分配合ではなかろうか?・・・というようなコンディショナーを足していました!

せっかく石鹸シャンプーで艶髪に向かっていたというのに、自らの手で後戻りさせていたんです。

あら、まあ・・・
だから、ビネガーリンスを使っても、なんだかゴワゴワしてたのかー?
併用してたら、ダメなんだ!!

・・・ということに、半月以上経ってやっと気づいたワタシなのでした。

シマッタなぁ。。。
昨日も、プロ仕様というヘアマニキュアをネット注文しちゃいました。
白髪対策のつもりでしたが、化学成分・・・たんまり入っていそうですねぇ。

上記掲載のアンティアンさんの動画を観たら、なんだか髪を洗いたくてウズウズしてきたので、
先ほど、洗面台にアタマを突っ込んで、洗髪してみちゃいました。

あいかわらず、髪が重い感じはしましたが、香が良いし、頭皮はすっきり♪
動画を観た後で、洗い方が良かったのか? 多少、泡立ちも良くなっている気がしました。

ヘアマニキュアの他にも、未開封で順番マチをしているヘアケアアイテムが、
いくつかあるんですけどね。
レビュー用に・・・と頂いたものなので、使わないわけにもいかず。。。
化学合成成分が、入っていないといいんだけどなぁ~

椿オイル「福寿」

洗髪後に使っている椿オイルは、とても良いです。
椿オイル
 

これまでにも椿オイルは、いろいろ使っていますけど。
椿のもつ独特の油っぽいニオイと、重いテクスチャーは、あまり好きではありません。

ところがどっこい!
アンティアンさんの椿オイル「福寿」には、椿油の他、ラベンダーや白檀(サンダルウッド)の
精油が入っていますので~

スーっと爽やかな香がして、使いやすいのです!!
濡れた髪に、少量取ってなじませても良いですし。

アンティアンさんおすすめの使い方は、リンスの後に洗面器1杯のお湯に
5~6滴の椿油を入れて、よく混ぜてから髪にかける・・・という使い方だそうですよ♪

この福寿は、1回使って「リピ決定!」と思いました。
椿油を使いたいけど、ちょっと苦手・・・という方にオススメです~

・・・ということで。
黒みつ石鹸シャンプーを使い切ったら、ローズマリーも使ってみたいと思いますので。
その際には、またレビューをご紹介させていただきます♪

次の記事は、アンティアンさんの洗顔ソープ&bodyソープのご紹介です。
続きも、ぜひ、読んでやってくださいねーーー!!

 ⇒【無添加石鹸アンティアン】コレクションしたい自然由来のうっとり石鹸・その2♪ 人気の手作り洗顔石鹸~

 

 ⇒お友達のブログもどうぞ:手作り石けんのお店「アンティアン」に行ってきたよ【アンティアンレポート1】

 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/