イライラ・クヨクヨ・・・考えすぎてしまう人の「レスキューナイト」

バッチフラワーレメディ・・・ってご存じですか?!
森下仁丹「coco-bana*」さんから、
花の恵みで健やかな休息へと導いてくれる
『レスキューナイト』をご紹介いただきました!

イギリス生まれのバッチフラワーレメディの中でも人気の「レスキューシリーズ」のレメディです。
レスキューナイト
*2014.06.21 国際展示場で開催された商品展示会で撮影をさせていただきました。
 

森下仁丹「coco-bana*」さんのブースにどどーんと飾られた“レスキューナイト”を見つけて、
「おお~♪ バッチフラワーレメディだーーー!!」と、なんだか嬉しくなりました。

実は以前、グミタイプの「レスキューレメディー」をお試しさせていただいたことがございまして。
(別のサイトさまのモニター案件で恐縮ですが~)
グミタイプ
 
「フラワーエッセンスって、すごいなー!!」と感動した記憶のある商品であったのです。

 

 

森下仁丹「coco-bana*」さんがご紹介くださったのは、
「夜、お休み前にオススメ」だと評判の『レスキューナイト』というレメディです。

レスキューナイト チラシ
 

・・・って、『レスキューナイト』をご紹介するその前に、
まずは簡単に、バッチフラワーレメディについて書かせていただきますねー!!

バッチフラワーレメディとは?!

「レメディ(remedy)」とは、ホメオパシー(自己治癒力を使う治療行為)で使用される
「治療薬」の意味もあるそうですが、その他にも「改善方法、救済」といった意味合いでも
使われている言葉です。

バッチフラワーの「レメディ」は、カラダに直接作用する「薬の類」ではありませんし、
香りの効果を利用したアロマテラピーとも違っています。

良く晴れた日の朝、エネルギーに満ち溢れた草花を摘み、ミネラルウォーターの入った
ガラス器に浮かべ、太陽の光をたっぷり浴びせる。そうすることで、
草花のエネルギーを湧き水に転写させた“フラワーエッセンス”が出来上がる。

フラワーレメディ
 

これが、花療法とも呼ばれる「フラワーレメディー」の作り方なのだそうです。

お水の上に花を浮かべて、日光浴させただけ???
そんなことで、人のココロに働きかけるエッセンスができてしまうものなのかしら?!

ねえ?・・・ちょっと不思議な気がしちゃいますけれど(笑)

バッチ博士が着目した「感情や精神バランスを整える花のエネルギー」

草花に、心を癒やすエネルギーがあるということに気づいたのは、
イギリスの医師・細菌学者「エドワード・バッチ博士」です。

博士は、人の感情のネガティブな部分(傲慢・憎悪・利己・不安など)が、
体に不調和を起こすことで、病気になったり、不調になったりすると考えました。

こうした負の感情や考え方から開放されることで、自ずと自然治癒力が高まり、
精神や心だけでなく、体も良い方向へ向かう。。。

そうしたバッチ博士の考え方によって「38種類に分類されたマイナス感情を、
プラスへ導くバッチフラワーエッセンス」が開発されたということで。

花のエネルギーを活かし、昔ながらの製法で作られたエッセンス。
それが、バッチフラワーレメディなのだそうです。

 

ネルソン社
 

バッチ博士は、イギリスのネルソン社にエッセンスの製造を依頼したそうですが。
80年経った今でも、当時博士が行っていた製法が守られているのだとか。

バッチ博士が生み出した「フラワーエッセンス」のパワーは、科学的には解明されていないそうです。
あくまで「感情・気持ち」といった心に働きかけるものなので、
『病は気から』のプラセボ効果(思い込みによる良い効果)だと言う意見もあるとのこと。

一方で、世界60カ国以上に広まり、多くの人が生活に上手く取り入れているという
現実もある
のですから・・・

「薬には頼りたくない。でも・・・」という方には、向いているのかもしれません。
ワタシ的には「例え気休めであったとしても、それってスゴク大事なこと♪」と思っています!

 

レスキューシリーズとは?!

バッチフラワーレメディの中で、人気シリーズと言われているのが
黄色いラベルが印象的な「レスキューシリーズ」です。

レスキューシリーズ
 

38種のバッチフラワー中から、緊張や強いストレスといった場面に良いとされる
5つのフラワーエッセンス
を選んで作られたものです。
5つの救助
 

ちなみに、まるで「花言葉」のように記されたバッチ博士の38種類の花の指標によると、
レスキューレメディの5つの花は↓こんな風に書かれています。

 

  • ロックローズ(ハンニチバナ):パニック、強い恐怖(恐れと不安)
       ⇒パニックの克服、冷静になれる。気分を和らげる。
  • インパチェンス(ホウセンカ):思ったとおりにいかずにイライラ。(寂しさと孤独)
       ⇒忍耐力を持てる。健やかな気分に導く。
  • クレマチス(センニンソウ):空想的でボーっとしている。(現実に無関心)
       ⇒地に足が着くようになる。集中力。前向きな気分を引き出す。
  • チェリープラム(ベニハスモモ):自分の気持ちをコントロールできない。(恐れと不安)
       ⇒感情に流されない。自己のコントロール。穏やかな気分に。
  • スターオブベツレヘム(オオアマナ):過去のショック、心の傷がある。(失意と絶望)
       ⇒トラウマからの開放。内からの癒やし。
  •  

 

38種のフラワー
 

いろいろな負の感情の高まりから、この5つのフラワーパワーで、リラックスした状態へと
心の落ち着きを取り戻す・・・ということで、世界で1番人気のあるのが「レスキューレメディ」
なのだそうです。

レスキューナイトとは?!

レスキューナイトは、「レスキューレメディ」の5つのフラワーエッセンスに、、
休息をサポートしてくれると言われている「ホワイトチェスナット(セイヨウトチノキ)を
プラス
した、夜にオススメのフラワーエッセンスです。

レスキューナイト ホワイトチェスナット
 

ホワイトチェスナット(セイヨウトチノキ)
いつも葛藤している。堂々巡り。(現実に無関心)
  ⇒葛藤から解き放たれる。リラックスした状態へ。

いつまでも寝付けなかったり、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまったりすると、
寝た気がしなくて、翌朝、カラダも頭も『ダル・オモ』だったりしますよね~

それが1日・2日のハナシだったら、そんな時もある・・・で済んじゃいますが、
あまりに長く続いたり、頻繁だったりすると、それはかなりツライかと!

1番良いのは「早く原因を取り除くこと」だと思いますが、
原因自体がよくわからなかったり、自分だけではどうしようもできなかったり・・・
ということもあるかと思います。

そんな時には・・・・

  • 温めのお風呂にじっくり浸かってリラックスしてからベットに入るとか
  • 温かいミルクやハーブティを飲んでから休むとか
  • リラックス系のアロマを焚くとか
  • ぐっすり眠れるように、昼間しっかり運動をしておくとか
  • 寝る直前にTVやPCを見ないとか。。。

 
スムーズな眠りにつくために良いとされる方法は、いろいろあるかと思いますが。。。
フラワーレメディは、そんな方法の1つと言っても良いかもしれませんね。

レスキューナイトは、気持ちの高ぶりや考え事から心を開放して、
穏やかにすることで健やかな眠りを・・・という「バッチフラワーレメディ」
なので、
カラダや神経に作用する「睡眠導入剤」とか「睡眠薬」のようなものではありませんから。

いくつかの方法と組み合わせて、自分なりの「ベストなお休みタイム」を
作っていただくのが良いと思います。

インレッド
 

続いては、ワタシなりの「レスキューナイト」の使い方を
ご紹介させていただきます!

ぜひ、続きも読んでやってくださいねーーー♪

  ⇒バッチフラワーレメディ『レスキューナイト』★ワタシが使いたいのはこんな時♪

 

 

★バッチフラワーレメディ『レスキューナイト』は、
 森下仁丹「女子的委員会」さんの運営サイトcoco-bana*で!

 送料無料でお得です!!

女子のカラダのこと、ためになること発信サイト
1個から送料無料でお届けします♪






 

★森下仁丹さんの健康通販サイトはコチラから♪


 

LINKSHARE FAIRE 2014 レビュー記事 一覧 
 

レビューポータル「MONO-PORTAL」   お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル  リンクシェア レビュー  

 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/