スポーツブランドイメージの強い「アシックス」さんですが、実はスニーカーだけじゃなかったんです!! アスリートを支えるアシックスの技術を活かした、お洒落な靴があるんですよー♪ 

PEDALA(ペダラ)とGIRO(ジーロ)。
どちらも機能性とデザイン性を両立させた、ライフワークに溶け込むシューズです~

PEDALA

こちらはPEDALA♪



※ジーロの写真が撮れてないので、アシックスさんのサイトでご覧になってください!!
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

アシックスウォーキングとは「歩きやすさをデザインした靴」をコンセプトとしたカジュアル&ビジネス向けのシューズシリーズです。
pedala」(レディス・メンズ)、「GIRO」(レディス)、「Runwalk」(メンズ)があります。

icon
icon

黒田知永子さんプロデュースモデルのアシックスウォーキング

こちらは、ファッション雑誌エクラのモデルさんとしてお馴染みの「黒田知永子さん」プロデュースというシューズです。
黒田さんシューズ

50代女性向けに、シルバーの靴?! 派手すぎじゃね?!

・・・と最初はそう思いましたけどね~(笑)

いやいやどうして!お洒落ですーーー!! 10代でも20代でも履けそうな靴ですけど、50代だって全然OKな感じですね。
黒田さんがさりげなく・とても素敵に履いていらっしゃるPR動画があるので、ぜひご覧になってみてくださいー!!

■2016Spring&Summer ASICS WALKING CM放映
 歩きやすさをデザインした靴。どんなスタイルでも私らしくキマる。



もちろん黒田さんのペダラは、見た目がお洒落なだけではありませんよ! ちゃんと「人間工学」に基づいたアシックスさんの技術が使われているんですから~
ペダラ 黒田さん

アウトソール、真ん中の溝

例えば靴底を見た時に、真っ先に目がいく「アウトソールの中心にある溝」♪
アウトsoleの溝


これは、凹み部分に荷重を集中させて、安定歩行をサポートする役割を担っているのだそうです。


衝撃緩衝剤「GEL」入りのソール

アシックスさんでは、「GEL」と呼ばれる衝撃を緩衝するための素材がいろいろなシューズに使われています。

目で見えるような形で埋め込まれている?ものもあれば。
GEL

「入ってるよー!」とわかるように「GEL」と文字が入っているようなタイプもあります。
GEL

上の写真は「黒田さんモデルのペダラ」の靴裏ですけど、文字で書かれたタイプなんですよね~
「これ、どんな風にGELが入っているのかしら???」と思ったら、アシックスさんが靴の断面モデルを見せてくださいました。
靴の断面

わかります? オレンジ色のシートが「GEL」なのだそうですよ。 中敷きの下に入っているんですねー!!
GELの入り方

でもって、中敷きの色が黄色と水色になっているのが見てお分かりになるかと思うんですけど~  アシックスさんは、中敷きもすごいんですねー  前と後ろで違う素材を使用されているらしいです!!

インソール

歩行を安定させる「アウトソールの屈曲溝」

さらにですね。ワタシが1番「へぇ~」と思ったのは、シューズの溝です。
「アウトソールの屈曲溝の向きに工夫があって、両足接地時の接地面積が広くなて安定性に繋がる」のだと教えていただきました。
シューズの溝


ソールの屈曲溝の向き(入り方)自体、安定性を向上させているそうですけど。
なんでも「歩いた際につま先とカカトの線が一致することでも、安定性が高くなる」・・・ということがあるらしいです。

この理屈、ワタシには良くわからないのですけどね~ アシックスさんでは「履き心地・歩きやすさ」のデータを取って、分析して商品作りをされているそうなので。。。 どのくらい歩きやすいのか?履いてみたいなーーーと思いました。
シューズの屈曲溝

ちなみに、シューズのアッパーは「天然皮革」だそうですよ。
天然皮革

この日会場(母の日ギフト展示会)にはお目見えしていませんでしたが、色違いやパンチングではないタイプもあるそうデス~
素材違い

50代のミセス向け「ペダラ」は、スニーカータイプだけではありません♪

会場でアシックスさんの「ペダラ」シリーズを拝見してへぇ~と思ったのは、スニーカータイプだけでなく、モカシンやパンプスのようなデザインのシューズもあるということです。

例えば↓こちらのモカシンタイプも「ペダラ」シリーズなんですよー!!
ペダラ モカシン

スニーカーほどソールに厚さはないんですけど、ちゃ~んとGELも入っているそうです。
モカシンGEL

こちらのGELは↓もとはこんな感じの緑色のシートになっているそうです。
緑色


現在アシックスさんには、4種類のGELがあるということで。どのGELも「衝撃を緩衝する役割」というのは同じだそうですが、シューズの用途(目的)やデザインによって、使い分けをしているということです。

GELには、生卵を落下させても割れない・・・というくらいの「衝撃を緩衝するパワー」があるというから、すごいですねー!!

ちなみに、こちらのシューズの「屈曲溝」はこんな感じです。
モカシンの溝


この靴には、真ん中の溝や左右(足裏)での屈曲溝の違いはないんですね。
溝

たぶん・・・ですけど。 「長時間歩くようなタイプの靴には、縦の溝が採用されている」と伺ったような気がします。
モカシンシューズのようなデザインの靴は、長時間歩くと言っても、例えば街でのお買い物とかであると思いますので~

軽くて柔らかい靴・・・ということを優先されているのだろうと思いました。
柔らかい

PEDALAとGIROの違いをざっくり

最後に、PEDALAとGIROの違いをざっくり伺いましたのでご紹介させていただきます。

ペダラは、40代50代に向けたウォーキングシューズで、レディスとメンズの靴があります。

メンズのペダラ

メンズのペダラ



ジーロは、30代のビジネスキャリア向けのウォーキングシューズなので、パンプスやタウンサンダルといったような「ビジカジ」で使えるタイプのデザインが多いのが特徴ですね。

ブラックフォーマルや就活でも使えそうなものもあれば。。。フェミニンなリボン付きパンプスやフラットシューズ、ウェッジソールサンダルなんかもあるんですよーーー!!
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア

ペダラもジーロも。 シーン・スタイリング・デザイン・に機能性をマッチングさせている靴ということで。 アシックスさんの「スポーツ工学研究所」で集約・分析されたデータに基づき開発されている靴だそうです。

「年齢層によって歩行動作に違いが確認されており、それぞれに必要な機能性を靴に搭載させています。」ということですから、すごいなーと思いました。

つまり・・・50歳のくせに若ぶって、10代・20代の女の子たちが買うような靴を履いても、歩きにくいだけ・・・ということですよね???

ワタシ、最近、どうにもしっくりと履きやすいパンプスが見つからなくて困っていたのですが、それは歳のせいだったのか?! ブーツやサンダルでしたら全然問題ないんですけどね、パンプスだとどうしても足が痛くなっちゃうんです~

そこで気になるのがジーロです。 アシックスさんのジーロだったら、丸1日歩きまわっても足は痛くならないかしらね???

先日、父のシニア向けシューズ「ライフウォーカー」を見に行った際に、婦人靴売り場でアシックスさんのジーロも手にとって眺めてみました。 その日は和服でしたので、足を入れてみることができなかったのが残念ではあるのですけど。

売り場の方に「前のめりと夕方の足のむくみが気になる」と伝えたところ、ストラップ付きのタイプが良いというアドバイスをいただきました。 むくみについては、日によって・体調によって・時間によって・・・と、毎日違ってきちゃうものなので、いつもぴったり・・・というのは難しいそうなのですけど。

足の長さと拇指丘の1番幅の広いところをぐるっと測って、相談すると良いそうです。
拇指丘

アシックスオンラインストアさんで購入した靴は、商品到着後「10日以内」で返品交換が可能だそうです。
※ただし、返送料は自己負担・使用したシューズは不可(室内のためし履きはOK)とのことです。
 詳しくはアシックスオンラインストアさんでご覧ください。
 
 ⇒ASICS 「5%OFF COUPON」

☆おまけ☆

効率よくウォーキングできる「GEL-MOOGEE」シリーズも人気だそうです♪
GEL-MOOGEE


ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア



 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/