以前から、1度使ってみたいと思っていた
「京都・宇治抹茶使用」のスキンケア KIBIKIのフェイシャル・ウォッシュを使ってみました。

KIBIKIのフェイシャル・ウォッシュ

 

 

「肌美綺茶」と書いてKIBIKIだなんて、ネーミングが良いです。
京都・宇治「辻利一本店」さんの高級抹茶を使用しているそうですが、
日本女性に相応しい凛とした響きがあって、
「キメ細かで・柔らかで・白く・美しい。そんな大和撫子肌にしてくれそう」
・・・そんな期待感いっぱいで使用を始めてみました。

KIBIKIのフェイシャル・ウォッシュ

 

まず、印象的だったのは、色と香です!

手の平に取った時に、広がる濃くて深い緑色に驚きました。
乳液のようなテクスチャーかと思いきや、とろみのない液状なのです。
KIBIKI 色

泡立てネットで泡立てると、濃深い緑色が、ペパーミントグリーンのような
キレイなグリーンに変わります。

KIBIKI 色KIBIKI 色

泡立ちは良いですが、顔に乗せると、ふんわりというよりはしっとり・・・というような、
軽くてさっぱりとした泡であると感じました。
KIBIKI 泡
そして、香です!
お茶・抹茶の香・・・と表現される方が多いように思いますが、
ワタシにとっては、抹茶の香というのとはちょっと違っていました。
香ばしい苦味を連想させるニオイというよりは、古い温泉場のニオイのような(笑)

苔むした岩風呂ですとか、山間の木々の中のお風呂ですとか。
硫黄や湯の花の香とは違うのですけど、深い自然の匂いであると感じました。

独特の香ではありますけれど、癒し系のくせになるような香です。
バスタイムの中で、2度3度と泡立てて、全身洗ってしまいたくなるような・・・
そんな泡と香であると思いました。

商品説明には「抹茶のスクラブ効果」と書かれていますが、
スクラブ感は感じませんでしたので、それだけ細かい粉末になっているということでしょうか?

KIBIKIスクラブ効果

実際に使ってみて、スクラブ感は感じませんでしたが、
抹茶で毛穴をスッキリしてくれるというのは魅力的だと思います。
「抹茶成分が容器の底に沈殿することがある」とのことですので、よく振って使わないと、
最後に粉っぽくなったりするのでしょうか?
KIBIKI 抹茶
まだ毛穴への効果は感じられていないですが、期待感を持って使っています!

 

成分表記は以下のような感じです。
「チャ葉」というのは『茶葉=抹茶』ですよね?
石けん成分は使用されておらず「アミノ酸成分だけで洗浄するため、しっとり感が残る」
・・・ということですので、低刺激の洗顔料なのかな?と思いました。
そうであれば、肌が敏感な方や乾燥の気になる方にも良いかもですよね。

KIBIKIチャバ

たしかに、入浴後多少スキンケアが遅くなっても、肌がカピカピになることはないように感じています。
ワタシは現在クレンジングは別ブランド使用ですので、
クレンジング・乳液・クリームと、トータル使いもしてみたいなーと思いました。

「茶葉の恵みと最先端皮膚科学の融合から生まれたスキンケア」だなんて、
とても魅力的なスキンケアブランドだと思います!!

KIBIKI 肌美綺茶(キビキ)プレミアム・フェイシャル・ウォッシュ
icon
icon
icon

コチラでもお取り扱いがございます⇒美容のプロおすすめコスメサイト LOTTE STYLE

なぜ茶道家には美肌が多いのでしょうか? 生の抹茶のスキンケア【KIBIKI肌美綺茶(キビキ)】




 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!

※もっと詳しくはコチラでどうぞ~
http://motto-kireini.com/about-kirimaru/