つける「生プラセンタ」セル・ヴィ・クリュ ワン

 

株式会社 トゥルーセルヴィさんのセルヴィ・クリュワンは、世界初の技術で
【完全非加熱で無菌化に成功した】という、「100%“生(なま)”」のプラセンタ美容液です。
セルヴィ・クリュワン 概観

 

ご存知の通り、プラセンタ=胎盤 です。

赤ちゃんが臍の緒を通してお母さんとつながるための臓器であり、
様々な成長因子や栄養素を含むことから、健康・美容に良いとして注目されていて、
医薬品をはじめとした多くの製品に利用されています。

プラセンタを使った製品には、ドリンク剤・健康食品・サプリメン・スキンケア美容液など、数多くありますが。
セルヴィ・クリュワンが、他の多くのプラセンタ製品と違っているところは、
完全非加熱での製品化に成功しているという、画期的なプラセンタ美容液である点です。

セルヴィ・クリュワン 生プラセンタ

 

では、なぜ?生のプラセンタが良いのか?

 

どうしてプラセンタが「ナマ」でないといけないのか???

それは、プラセンタに含まれる有効成分の多くが、熱によって破壊されたり変性したりしてしまうから。

 

せっかく生理活性(身体の働きを調節する役割)を持つサイトカインのような有効成分が、
加熱によって大幅に少なくなってしまう。。。これは、実に勿体無いことですよね~

それならば、加熱なんかしなけりゃいいじゃん?!そのままじゃだめなの?!

プラセンタを、そのまま生で原料として利用できれば、それが1番なんでしょうけど。
残念ながら、胎盤というものは臓器ですので~
ウイルス混入の可能性があることから、加熱処理を加えて殺菌する必要があるのだそうです。

とはいえ、加熱によって有効成分が残らないのでは、プラセンタを使う意味がなくなってしまいますもんね。
牛乳のように「60~65度以上で加熱する殺菌」をするというのが、一般的な方法みたいです。

 

そこへ世界初の特許技術「孔拡散式除菌」を活用し、完全非加熱で無菌化したプラセンタ
「Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)」の登場ですよ!!
セルヴィ・クリュワン  生プラセンタ

 

「孔拡散技術」というのは、「雨水が地層というフィルターを通り、きれいな湧き水となる」という
イメージと似ているそうです。
とても丁寧に・詳しく説明されたページがセルヴィ・クリュワンのサイト内にありますので、
ぜひ1度【開発ストーリー】のページをご覧になってみてくださいね。

興味のある方は、冒頭に掲載されている33分もの動画もどうぞ♪
「孔拡散式除菌技術」がいかにすごいか・・・ご納得いただけると思います~

 

Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)は、完全非加熱で製造されているので、
胎盤のアミノ酸・ビタミン・ミネラル等が、熱によって破壊・変性されず、
そのままの状態で生きている
って。。。

この点↑がめっちゃスゴイと思います♪
もちろん、EGFやHGFといったサイトカイン(免疫システムや細胞の増殖を司る分泌物)も生きてるらしい~

【生きたままのサイトカインは、人間の体の中の細胞膜と同じような働きをしてくれる。】
これこそが、生であることの魅力であり、生にこだわることの所以であると思います!

セルヴィ・クリュワン ナマのチカラ

 

 

実際のところ、EGF(上皮成長因子)の量は、1mlあたり約60倍もあったそうです。
 (65度で加熱殺菌したプラセンタ商品と比較)
成長因子”サイトカイン”含有量としては、従来製品の数倍から数百倍(トゥルーセルヴィさん比)というのですから、
本当にナマプラが起こしてくれるであろう「年齢の革命」に期待したくなっちゃいますよねー!!

 

“生”プラセンタ Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)は冷凍で届けられます!

 

せっかく、加熱殺菌することなく製造されたプラセンタに、雑菌が入り込んではいけませんし、
生理活性を失わずに『100%「生」のプラセンタ成分を、可能な限りそのまま、お客様にお届けしたい
・・・ということで、Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)は、冷凍で配達されてきます。

セルヴィ・クリュワン (1)

こうして見ると↑、なんだか美味しいもの(グルメ)の荷物みたいですけど(笑)

 

Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)は、飲むプラセンタではありません~
お肌につけるプラセンタ美容液です。
冷蔵ではなく、冷凍・・・ってところが、プレミアムな感じですよねーーー♪
セルヴィ・クリュワン  冷蔵ではなく

 

。。。「孔拡散技術」によって、雑菌やウイルスを99.9999%除去した後、
表示する必要がない程度の微量ローズオイルを加え、再び冷凍。。。

 

ローズオイルは、プラセンタ独特のニオイをカバーするためでしょうか?
超微量なので「”生”プラセンタ100%」となっているんですね。

原料とされるプラセンタは、羊蹄山の麓で育てられたブランド豚の胎盤を使用されているそうです。

化粧品やサプリメントは、牛、羊、豚、馬といった家畜類の胎盤を使うのが一般的らしいのですが、
育成された環境によって品質に差が出るのだそうで。
ブタさんの肥育状態にもこだわっていらっしゃるとは、すごいですね。

もちろん、トレーサビリティ(生産・流通の追跡可能性システム)によって、
品質保持だけでなく、安全性も確保されているので、安心して使用できると思います。

セルヴィ・クリュワン  生のこだわり

 

。。。ということで、美容液というには、あまりにすごいCell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)デス。

期待感いっぱいで使ってみましたので、使用レビューは次の記事にて。
どうぞ、続きも見てやってくださいねー

要冷凍「生プラセンタ美容液」Cell-Vi-Cru1(セルヴィ・クリュワン)を使ってみました!

 

☆トゥルーセルヴィさんの“つけるナマプラ”「セルヴィ・クリュワン」はコチラから☆

 

セルヴィクリュワンバナー

 

 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/