ウェーブストレッチリングをイスで使う♪

MAKIスポーツ運営「ウェーブストレッチリング公式通販サイト」さんから、
ウェーブストレッチリングと専用DVD「ベーシック60分・イスフロア編」をいただいたので、
やってみました・その2です♪

■本記事はこちらの記事の続編です。通しで読んでやってくださいねーーー

 ⇒【ウェーブストレッチリング】手軽にできるストレッチ&マッサージ♪イタキモチ良さにはまりマス~ 
リングの使用例 イス編

 

 

イス編のイスは、背もたれ付きで!!

ウェーブストレッチリングDVD・イス編の最初のストレッチです。
イス 背もたれ
 

背もたれを使いますので、イスは背もたれ付きタイプでないとダメですよ~

リングを当ててちょうど良い位置を探すのに、ちょっと手間取りましたけど、
上から順に少しづつ下げて行って、キモチの良いトコロでキープ。

胸を開いてグーーーーと後ろに反り返ると、首の前面と肩甲骨の内側が
くぅ~と伸びて&圧がかかって、キモチイイのです~♪

試しにリングを抜いた状態で同じことをしてみましたが。
不思議ですねー!全然違うの♪
リングが入ると、背骨がキレイに反るからですかね?
最初のポーズで「へぇ~♪」と思い、俄然やる気が出てきました!!

リングの位置を下げていって腰の後ろに入れるというのも、すごくキモチがいいですよ~

でもって、こちらは↓背もたれなくても大丈夫。リングの上に座るだけです♪
座る リング

 

ワタシは最初、イスを出して撮影するのが面倒くさくて・・・(;´∀`)
マットの上でやってみましたが、これはこれでアリでした♪
お尻の下

 

少し前に、軟式野球のボールを使ったお尻のマッサージで冷えとりする・・・というのをTVで観て、
軟式野球ボールを買ってきて、梨状筋とやらを時々グリグリしているワタシ。
軟式ボール
*当時の記事⇒軟式野球のボールでツボ押し! オススメです。

 

ウェーブストレッチリングの上に座るのは、ちょっとこの感覚と似ていました。
リングの場合は、左右のお尻が同時に押せるのがいいですね。
体をゆすってユラユラすると、これまたとても「イタキモチいい」んですよ♪

この後、今度は太もも裏にウェーブストレッチリングを当てるという動作があって。
これも、マットの上でやってもいいかなー?と、やはりイスを使わないで行ってみたのですが。
太もも裏
 

その後に、膝裏に当てて脚をブラブラさせる・・・というのがあって!
さすがにこれはイスが無いとできませんので、結局イスを出しました。。。
(ダイニングテーブから、ちょっと引きづって移動しただけなんですけどね)
イス
 

この後さらに、イスにもたれて脚を上げたり・・・
足上げ

 

内ももに使ったり、足裏の反射区を刺激したり・・・
足にウェーブストレッチ

 

腰掛けた状態で、足を踏ん張っての上半身のストレッチを行う
プロブラムになっていましたので~
腰掛けたストレッチ
 

やっぱ、イスは出して正解◎
てか、イス編のDVDをやるんだから、初めからちゃんと出せよ!!ってハナシですけど~

こちらはイス無しでもOKの、二の腕と脇の下のストレッチですけど。
二の腕

 

これをすると「ウェーブストレッチリングってすごいなーーー!」と、めっちゃ実感できますよ~

だって、脇の下にリングを挟んで、ただ二の腕を裏・表と返すだけなんですよ?!
それなのに、なんなんですかね?
脇の下のリンパのツボが、グイグイされる感じがあって。

数回腕を動かしたあと、ぐるん・・・と肩を回してみたら、あらぁ~軽い!!
脇の下が軽い

 

腕とか肩が軽いってのは、想像つくかと思いますけど。
「脇の下が軽い」って感覚、お分かりになるでしょうか?!

リンパの詰まりを取るんですかね?
やっぱりちょっと痛いんですけど、くせになります、この感じ!!
ウェーブストレッチリングを買ったら、絶対やってみてくださいねーーー♪

。。。って、脇の下のリンパがキレイに流れている人は、感じないのかもしれないですけど~

・・・てな訳で、しつこいようですが、次はフロア編ですよー
ウェーブストレッチリングに興味がおありでしたらば、ぜひ続きも見てやってくださいねー♪

■ウェーブストレッチリングの基本の使い方は、公式サイトの動画で観れます!
 スタジオでのエクササイズ指導の予約もコチラからどうぞ!

 ⇒ウェーブストレッチリング公式通販サイト

 


 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!

※もっと詳しくはコチラでどうぞ~
http://motto-kireini.com/about-kirimaru/