スターオブザカラーのスタッフさんに「上手なクリームファンデーションの塗り方」を教えていただきました。その2はハイライトカラーの入れ方です!!

スターオブザカラー

クリームファンデーション


★本記事はこちらの記事の続編です。ぜひベースファンデーションの塗り方も御覧ください!★
  ⇒スターオブザカラー「クリームファンデーション」の上手な塗り方(動画あり):その1

 

 

 

スターオブザカラー「クリームファンデーション・ハイライト」の
正しい使い方を教わってきました!

「ハイライトファンデーション」上手な塗り方・動画

スターオブザカラーさんのクリームファンデーション専用パレットには、パフの他にブラシもセットされているのですが、この筆の正しい使い方がわかりました!!

スターオブザカラーパレット
*パレット付属のブラシは「携帯用」だそうなので、お家でしっかりメイクされる場合は、やはりファンデーション専用の筆をお使いいただく方が良いそうです*
  

おでこ・目元・鼻筋・小鼻・ほうれい線・顎先
筆を使ってハイライトファンデーションをおいていき、さらに筆でのばしていきます。

スターオブザカラーさんの筆使いにご注目ください♪

ハイライトファンデーションの色選び

スターオブザカラーさんのハイライトの色味は、3色あります。

スペシャルハイライト

 

自然な立体感を1番作りやすいのが、スペシャルハイライトになるそうです。
無料でいただけるサンプルに入っているのは、この「スペシャルハイライト」です。

それよりメリハリを付けたい方には、イエローハイライトがおすすめで、舞台のように、遠くからみた時によりしっかりしっかり高く見せたい方には、ホワイトハイライトが、オススメなのだそうですよー!!

まずは、自然に見えるという「スペシャルハイライト」で使い慣れていくと良いと思います♪

 

動画は面倒・・・な方向けの画像とテキスト

額に3本、ハイライトを下から上に
額
 

ハイライトを筆にとって、まず、額に3本線を描きます。

目の周りを引き上げるように入れます
目の周り1
 

 
目の周り2
 

次に、眉山の下に(目の骨の骨格に沿うような感じで)のせていきます。

今度は目の下です。目の下は、少しグイっと引き上げるようなイメージです。 そうすることによって、目元の印象を上に引き上げて若々しく見せたり、目をパッチリ見せたりする効果があります。 目尻のラインに合わせるように、上にグイっと引き上げていきます。

ハイライトを入れる時は、筆がオススメです。筆の方がキレイに細かい部分ができるのと、スポンジですとどうしても、取り過ぎてしまったり、広がりすぎてしまったりするので、ハイライト効果が薄れてしまいます。 しっかりハイライト効果を出したい方には、筆をオススメしております。

ほうれい線と小鼻周りに入れます。
ほうれい線

 

次にほうれい線の位置にあたるラインに、くすみ飛ばしの役割を果たすように入れます。 影だったり、ほうれい線のシワの気になるところに入れてください。  また、小鼻周りのような凹みの気になる部分にも入れておきます。

口角・顎先に入れます。
口角・顎先

 

そして、口角も上に引き上げるようなイメージで入れていき、顎先にも入れてください。

額のハイライトを、下から上へぼかします。
おでこ ぼかす

 

おでこのハイライトを、下から上・下から上へと筆を使ってぼかしていきます。
基本的にハイライトは、高い位置・明るくなる位置へのせていくので、下げてしまうと下に長く見えてしまって、顔を大きく見せてしまったり、老けさせたようなイメージになってしまいますので、ハイライトは下げないように上へ上へとぼかしてください。
体温に馴染みやすいファンデーションですと、指にキレイについてしまうので、ハイライト効果を最大限に活かしたい場合には、やはり筆をオススメします。 大体おでこ2/3あたりまでを、扇状に伸ばしていきます。

筆に残った文で鼻筋を
鼻筋
 

 筆に残った少量のハイライトを、鼻筋にのせます。
 基本的にノビが良い分、ぼかす・のばしていくということをイメージしてのせていかないと、最初から広い面に乗せてしまうと、全部ぼかしきれなくなってしまって、 白くなってしまいますので、ハイライトの量を加減してください。

アイホールは、アイカラーベースとしても
アイホール
 

 眉山の下は、ラインに沿ってぼかしていきます。
 アイカラーベースとしてアイシャドーの前に塗っていただいても大丈夫です。
 その場合は、まぶた全体にぼかしてOKです。

目の下は、グイっと引き上げるように
アイホール
 

 目の下もグイっと引き上げるようにぼかしていきます。
 引き上げる角度を、上に鋭角にすればするほど引き上がるので、例えばご年配の方は、グイっと上に引き上げてあげると、目元をより上に持ち上げてくれるので、若々しく見せてくれます。

ほうれい線も引き上げて。
ほうれい線
 

 ほうれい線の位置にあたる場所も、上に向かって(目尻の方へ向けて) ぼかしていきます。
 中心の部分は、基本的に明るくなるようにイメージしていただきたいです。 口角の部分もそうですね。
 光を入れることによって、影になっている部分を明るくするので、例えばほうれい線のシワが気になるといった方には、しっかりと入れていただき、上にグイっと引き上げていただくといいですね。

小鼻まわりはなじませるように
小鼻まわり

 

小鼻周りは、赤味隠しの要領で入れていたので、なじませるようにぼかしてください。

口角は引き上げ、顎先は下向きに
顎先
 

口角の部分も、同じように上に引き上げていただきます。
顎先は、シャープに見せてあげたいので、少し下へと向けて引いてから、顎の真ん中を中心にして、なじませるような感じでぼかします。


■スターオブザカラーサンプルの請求は公式サイトで
 ⇒STAR★OF THE COLOR 初回お試しファンデーションサンプル

 

■スターオブザカラーのサンプルを試した後は、ぜひラウディもどうぞ!
 ⇒30秒でベースメイク完了!無酸化発想のラウディ「BB&CCクリーム」


 

スタッフさんご使用の筆について&筆とスポンジのお手入れについて

動画で、スタッフさんがご使用になられている筆はこちら

筆

 

  • ハイライトをおく:K01 イタチの毛
  • ぼかす:K02  アイシャドーブラシとしても使える。両端毛で、両方共同じ毛。

肌にブラシが当たった時に、金属部分が肌をこすらないようなコシの強い筆がオススメ。
メイクブラシ

 

メイクブラシ(筆)のお手入れ

天然の毛なので、あまり洗いすぎてしまうといたみが早いので、普段はティッシュオフをしておく。

だいぶたまってきたな・・・と思ったら、中性石鹸(手洗い用・洗顔石鹸)で、軽く押し洗い(モミ洗い)をしてください。
自身で使う場合は、毎回洗う必要はないそうです。

菌が繁殖しないように気をつけていただき、1~2週間目安くらいのお手入れで良いそうです。
冬場は1ヶ月くらいおいても大丈夫ということですが、夏場は菌が増えやすいので、少しマメにお手入れしていただくと良いということです。

洗った後は、直射日光を避けて、陰干ししてください。

スポンジのお手入れ

スポンジは、こまめに洗っていただいて大丈夫だそうです。
スポンジに色が残っていても、菌が取れていれば良いとのこと。

キメの細かいスポンジですと、色味が中に染みこんで取れなくなってきますが、しっかりと菌が取れていれば、問題ないそうです。

メイクブラシ・スポンジはスターオブザカラーさんのサイトで買えます!

スタッフさんがご使用になられていたメイクブラシは、店頭はもちろんのこと。 ネット通販での購入が可能です!!

メイクブラシ
 

★続きは、シェーディング&フェイスカラー(チーク)の入れ方です!
 ぜひ続きも見てやってくださいねー
 ⇒スターオブザカラー「シェーディング&フェイスカラー(チーク)」上手な塗り方(動画あり)その③

 

 

スターオブザカラー480-200

 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!

※もっと詳しくはコチラでどうぞ~
http://motto-kireini.com/about-kirimaru/