ハーティア コスメティックス の
「ピンクゴールドナノ5 24Kリフトファンデーション」です。

24Kリフトファンデーション

「ピンクゴールドナノ5 24Kリフトファンデーション」は、金糸美容の効果をコスメで・・・と
開発されたという「ピンクゴールドナノ5」の美容液をベースとしたリキッドファンデーションです。

金糸美容というのは、美容外科の施術として知られているもので、
「皮膚に金糸を埋め込むことで、線維芽細胞を増殖させ、コラーゲンを増やし、
結果的に若肌へ導く」・・・といった美容法らしいです。

金糸をつかった美容法は、古来エジプト文明のミイラから発見された金の糸が起源だそうで、
ずいぶんと昔から、研究・開発がされているのだとYoutubeの動画(美容外科のPR)で観ました。
効果が出るまでに時間はかかるものの、持続性が高い美容法だそうですよ。

その金を、美容外科の施術としてではなく、コスメに活かす・・・という発想から生まれたのが
「ピンクゴールド」ブランドですね。

ヒトの肌細胞はナノ10程度の大きさということなので、金をナノ5レベルにすることで、
肌細胞に入りやすい処方となっているというトコロが、ピンクゴールドナノ5が
他の金コスメとは違うポイントではないかと思います。

話がそれましたが、24Kリフトベースコフレ(ファンデ&コントロールカラー)は、
そのピンクゴールドブランドのコスメなのです。
ファンデや下地でありながら、リフトアップも・・・という一石二鳥が魅力ですよね。

そんなことを考えながら、使ってみたファンデですが。

テクスチャーはかなりゆるめ。
乳液のようなみずみずしい感じのリキッドファンデです。

ピンクゴールドナノ5 24Kリキッドファンデ テクスチャー

ピンクゴールドナノ5 24Kリキッドファンデ テクスチャー2

色味は白っぽい・・・というか、かなり明るめ。
これなら、ファンデとしてだけでなく、下地としてもアリだろうと思いました。

 
手持ちのパウダリーファンデや、濃い目のリキッドと組み合わせたら、
濃淡で凹凸のある立体メイクが完成する気がいたします。
塗った感じは良くのびるので薄付きですが。
光沢があるというか、ツヤが出るというか。。。。
塗った感は、しっかりとあります。

 

なので、厚塗りすると白浮きしますから、ご注意ください。
薄めにのばせば、みずみずしいキレイな仕上がり♪

ピンクゴールドナノ5 24Kリキッドファンデ 仕上がり感

 

ピンクゴールドナノ5 24Kリキッドファンデ 仕上がり感2 ←近くで撮ると加齢肌がバレますが。。。

 

ワタシは、赤黒いタイプの色黒なので、ベースコフレセットの
コントロールカラー(グリーン)も一緒に使ったりしています。
ピンクゴールドナノ5  24Kリフトコントロールカラー  コントロールカラー グリーン

 

どちらも肌のトーンがあがって、化粧映えする顔になりますので、
TPOやその日の顔色で組み合わせや塗り方を決めています。
ぶっちゃけ、気分によるところが大きいですけど(笑)

夜になってファンデが寄れてきたり、
化粧がハゲて顔がマダラになっていたりもないようですので、
メイクのモチを良くしたい方にも向いているファンデーションだな~と思っています。

塗る際は、リフトアップを意識しながら、肌を引き上げるようにのばすのが効果的なのだそうです。
金の効果を考えますと、メイクが必要のない日でも、ついつい使ってしまいますね。

3週間ちょっと使用してみて、思ったことは、
フェースラインが締まって見えるようになったということデス!!
肌が上がると、小顔効果となるのですね。

目じりとか、口角とか。。。
もっとパーツの細かい部分が上がって見えるのかと思っていましたので、
輪郭にくるとは意外でした。

ピンクゴールドナノ5 24Kリキッドファンデ フェースライン

リキッドファンデの明るい仕上がりに、金のリフト。
その効果を期待して、ついついたくさん塗ってしまいたくなりますが。
汗をかくと浮いて見えるので、くれぐれも厚塗りにはご注意ください~

 

☆効果的な肌マッサージはコチラ⇒ハーティアコスメティックス特集 (大丸・松坂通販 マルコレサイトへ)icon

icon
icon
ハーティア コスメティックス ピンクゴールドナノ5 24Kリフトファンデーション
icon


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/