【ファイテン・スペシャルセミナー】に参加させていただきました!
セミナーの目玉は、なんと言ってもこのトークセッションです♪

プリンセスプリンセスの富田京子さん&岸谷香さんから、
お二人のファイテン・ライフや、プリプリ再結成時の裏話などのお話を伺ってまいりました~

プリプリ
*真ん中は、ファイテンの平田好宏社長です。


 
「プリンセスプリンセス」の皆さんと、ファイテンさんとのお付き合いは、
一昨年、バンドの再結成の際に、ファイテンさんがボディメンテナンスを
引き受けられたのが始まり
だそうです。

コンサートの会場には、ファイテンルームと呼ばれるお部屋があって、
中には2つのベッドと、ファイテンのトレーナーさんが控えていらして。。。

本番前に、カラダをほぐしたり、テーピング等をしていただけたのだそうです。
リハも本番さながらなので、リハが終わってからのケアも大事だった」と岸谷さん。

岸谷 香さん(旧姓:奥井香さん)・1967年広島生まれ・一男一女の母。
ボーカル(ギター)ご担当
岸谷香さん

 

本番前に緊張をしてしまうと、力んで声が出ない・・・ということで、
本番前にファイテンさんのクリームを塗る等して、無駄な緊張をほぐしてもらったとのこと。

「クリームを塗るだけで、ぽやっとあたたかくなって、ゆるむ気がするんです。
 現役の時は、ツアー中いつも痛いのが当たり前で、カラダの不調をどう付き合うか?という
 感じだったけど、今回はケアしてもらえたのが、良かった。」

と、話されていらっしゃいました。

その他、FNS歌謡祭(2014.08.13)のランスルー(本番さながらのリハ)で、
ぎっくり腰になってしまった時のことや、GIRLS’ FACTORY 14で、
腰をかばってペッタンコ・ブーツでギターを弾いていたら、
スカートを踏んで尻もちをついてしまった・・・というエピソードも♪

当時の様子は、岸谷香さんのオフィシャルブログにご紹介されています。

転んでしまったという代々木体育館のライブの記事では、ファイテンさんへの
メッセージも掲載されていました
よーーー♪

プリンセスプリンセス・ドラムご担当の富田京子さんは、
「肩甲骨に手が入るくらいにやわらかいと、後ろに手が回っていいんだけど、
 硬いとダメなの」
・・・っと話していらっしゃいました。

富田 京子さん・1967年生まれ・横浜市ご出身・二男の母
ドラムス(コーラス)ご担当
富田 京子さん

 

本番前にファイテンルームで、ボディーケアを受けた際に
「今日はいいよー!今日は体がやわらかいよー」と、言ってもらえると
「やった♪」と思って、心身ともに絶好調でステージに上がれる
とのこと。

すごいなー!と思ったのは、富田さんは、16キロ(10マイル)の、
「湘南藤沢市民マラソン」に参加されている
ということです!!

富田さんは、ワタシと同じ1965年生まれということですので、
御年49才ですよ~

ワタシ、16キロなんて絶~対に走れないですもん。
昨年のマラソン初チャレンジ時には、16kmを
ナント、2時間1分で完走されているというから、すごいですーーー!!

しかも、歩いてないそうですし。。。

ご本人的には、後ちょっとで2時間きれたことや、最後にお歳を召した方に、
ススス・・・と追い越されてしまったことを、悔しかったと話しておられましたが。

TKB49(Tomita Kyoko Bakuso 49Age)と題して、
2015年1月26日の「湘南藤沢市民マラソン」にも、リベンジされるそうなんです。

そのあたり、この日MCを務められていらしたファイテン・相澤さんのブログ
掲載されておりましたので、よろしかったら合わせてご覧くださいね~

ファイテン 相澤さんのブログ
【ファイテン相澤の毎日がスポーツライフ】
 ⇒http://ameblo.jp/phiten-sportslife/entry-11926717650.html
次回は、キーボーディスト今野登茂子さんも、親子ランに参戦されるそうですよー!! 
 

区切り

ファイテンさんとプリプリの皆さんとのご縁について♪

なんでも、ファイテンさんと「プリンセスプリンセス」さんとのご縁は、
プリプリ・リーダーの渡辺敦子さんと、故田中好子さんのご主人に交流があり、
田中好子さんがファイテンファンであったことから、田中さんの元マネージャーさんを
介して、ご紹介があった
のだと伺いました。

つまり、再結成を聞きつけたファイテンさんが自ら売り込んだというのではなく、
ファイテンファンからのオススメで・・・ということですよね?!

『親しい人からクチコミで広がっていく』
これって、本当に良いモノだからこそ。。。だと思うんですよ~

今では、お二人共すっかり「ファイテンファン」になっていらっしゃるということで。
クリームやテーピングだけでなく。。。

「ファイテンさんの卵を食べて、お米を食べて、青汁を飲んで~」と、
毎日の食生活でも、ファイテンさんの商品が欠かせないのだそうです。

知らなかった!!
ファイテンさんって、お水だけではなくて、自然食品も扱っていらしたんですねーーー(驚)

区切り

名曲「M」を作詞・作曲されたお二人から伺った裏話♪

岸谷さんと富田さんは、あのプリプリの名曲「M」を生み出したご本人ということで。
作詞・作曲をされた当時のお話を聞かせてくださいました。

なんと、M・・・というのは、富田さんの元カレ!!

富田さんが、Mさんにフラれたその足で、タクシーに乗り、香さんの家へ。
香さんがお父さんにねだって買ってもらったコートを借りてデートに行ったので、
コートを返すということもあったそうですけど。。。。

何よりフラれた直後に、お独りではいられなかったのだと思います。

その際、香さんが富田さんに言った言葉がコレ。

「歌にしようよ! 逃した魚はデカかった・・・と後悔させてやろうじゃないの。
 この失恋を歌にして、仕返ししてやろうよ!!」

そして作詞されたのが、富田さん。曲を作られたのが、岸谷さん。
名曲「M」の誕生秘話です~

Mさん・・・逃したお魚、めちゃめちゃデカかったですねーーー!!

区切り

富田京子さん&岸谷香さんのトークショーは、終始お二人の仲の良さが伝わってきて、
とてもあたたかい気持ちで、楽しく拝聴させていただきました。

岸谷さんが
「年齢には勝てない。歳を取ったことを受け入れて、ケアしていくことが大事」
と話されていたことが、とても心に残っています。

最後になりますが、富田さん、岸谷さん、どうもありがとうございました!
皆さんのこれからのご活躍を、心より応援いたしております~

ファイテン公式サイトはこちらから
  ⇒【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

ファイテンさんには、アクアゴールド配合コスメもあるよー!!コレ、気になる♪



【金が導く美しさ】アクアゴールド化粧品【ファイテン公式】

 

ファイテン
 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

「若く・キレイでありたい」という願望は強いんですけど~ アラフィフですし、ずぼらですし・・・ 年々オバサン化が進む中、年齢には勝てないという現実に打ちひしがれています。 欲深く・新しもの好きな元主婦マーケター。 イベント取材が大好きです!


※もっと詳しくはコチラでどうぞ~

http://motto-kireini.com/about-kirimaru/